Results for tag "サーバ管理"

IIS5+レガシーASPでメモリを食いつぶす

IIS5+レガシーASPが稼動しているサーバで、SQL Serverをつついて結果を返すアプリが正常に表示できない障害が発生した。
原因は未だ不明だけど、以下のASPを動かすとDLLHOSTの実メモリ、仮想メモリを食いつぶした後、inetinfoが同様にメモリを食いつぶす事象が発生した。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
<%
On Error Resume Next
 
Dim file
Dim objFSO
Dim objTS
Dim line
 
file = "ここで存在しないファイルパスを指定する"
 
Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objTS = objFSO.OpenTextFile(file, 1 , True)
 
Do Until objTS.AtEndOfStream = True
    line = objTS.ReadLine
    Response.Write(line & "<br>")
Loop
 
objTS.Close
Set objTS = Nothing
Set objFSO = Nothing 
%>

ファイルの存在チェックを行ってループに入る前に終了させれば回避できるが、こういったASPがどっかに眠っているのだろうか。
IIS5のメモリリーク防止パッチを適用しても改善されなかった。

RoboCopyのGUI版「RichCopy」

かれこれ10年以上稼動しているWebサーバのファイルをバックアップするために、MediaKeeperというソフトを使っていた。

メモリ512MBの環境でミラーリング完了するのに17時間もかかっていたのに、MicrosoftのRobocopyにしてから10分に短縮され、全米が泣いたわけですが、そのGUI版「RichCopy」が出てた。

RoboCopyは多機能すぎてオプションが複雑だったけど、RichCopyはかなり分かりやすくてよいです。

IBM、Sunを買収?

IBM、Sunを$6.5Bで買収へ

職場でもSun Server離れが現実味を帯びてきている昨今。個人的にSolarisを使い続ける理由があまり思いつかない。

IPMPもLinuxのbondingに劣るし、SorlarisコンテナもゲストがSolaris限定で柔軟性がなく、何よりコマンド群が古い。SolarisとLinuxで共通のコマンドでもSolaris側のコマンドはオプションが貧弱。

サーバも1台でハイアベイラビリティってより、ぶっ壊れてもいいからLinux複数台で冗長化ってのがトレンドだし。

有料ライセンスでもいいから、LinuxでFUSEを通さずにZFSが使えるようになったら、もうSolarisは使わないだろうなぁ。

4774135666,left

気象データ配信システムの障害原因

ITpro – 三つの障害が連続発生、気象データ配信システムのダウンの経緯が判明

この障害に巻き込まれてたのでメモ。
ふんだりけったりですね。

システムの冗長化は色々考えるべき点が多いので難しいんだけど、ポイントとしてはサーバ、ネットワーク、ディスクの冗長化なのかな。

関わっているシステムでも気象データ配信システムと同じような構成を取っているものがあるんだけど、RAID搭載とはいえ共用ディスクが1台な事とか、ネットワークが冗長化されていないなどSPOFが結構ある気がする。

NICのbondingで運用系、待機系サーバそれぞれから共用サーバに2本ずつ接続し、1本がコケてももう1本で稼動するようにして、なるべく待機系に切り替えさせないといった、解決方法はありそう。

コンテンツ管理者の憂鬱

掲示板荒らしを行うユーザがいたので、アクセス拒否した。
朝起きてサイトをチェックしたらえらいことになっていたので、かなり早く出社した。ねみー。

出社したものの、独断でアクセス拒否をしていいという運営方にはなっていなかったので、ステークホルダが出社するまで準備だけしておいた。

障害と違って明らかなサービスダウンではなく連絡体制ってものも整備されておらず、書き込み内容を元に判断しなければならないってのは担当者からすると結構厳しい。

携帯サイトなので、PCほど連続して荒らしはできないけど、即時対応ってのも視野に入れておかないといけない。