Blog Page

MacOS9のOutlook Expressで送信ができない場合の対処

迷惑メール対策のため、Outbound Port25 BlockingやSMTP認証を実施しているプロバイダが増えてきましたが、MacOS9以前のOutlook Express5でメールを送信しようとすると以下のようなエラーが出る事があります。

アカウント”○○○”宛に送信できませんでした。
○○○○> Client host rejected : Access denied
Error:5554

これはOutlook Express5の最終バージョン(5.0.6)にする事で送信ができるようになります。

原因は良く分かってないけど、CRAM-MD5に対応してないプロバイダだとなるんだろうか。

位置情報を扱うサイトのDB

GPSを使っているサイトでは、店舗とかの緯度経度をDBで保持しているはずだけど、外部のAPIと連携しようとすると測地系や単位が異なる場合が結構あると思う。

アプリ側でアクセス毎に変換するより、予め変換した緯度経度を別カラムで保持しておく方が効率的なんじゃないだろうか。他のサイトの設計ってどうなっているんだろう。